2013年01月

【from Ed

【from Editor】:今度こそ独り立ちせねば

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』?【最新ニュースから見え隠れする闇】:【from Editor】:今度こそ独り立ちせねば

  昨年12月16日の衆院選投開票日、私は整理部選挙班の担当デスクとして紙面作りに参加していた。印刷から配達までの時間を逆算して締め切りが刻まれ、版を重ねる。一日に複数の新聞を作る。日付が変わり、版を2つ終えて選挙班の紅一点、M記者が言った。
 「特に問題ないですよね」
 20分ごとに選挙区立候補者の得票数が更新され、次々と「当」が打たれる。紙面をレイアウトするパソコンの画面は真っ赤に。当選者が決まったり、得票数が更新されたりすると、その選挙区の記事部分が赤い線で囲まれるためだ。
 開票面担当の整理記者は「当」や票数を更新し、赤い線を消す。赤い枠が無くなれば、最新の開票情報の取り込みが完了。紙面には当選者の顔写真付きの名鑑が掲載される。ゲラを出して「当」と名鑑が一致しているかを確認する。この作業を午前3時半すぎの最終版まで7セット繰り返す。
 「ハイ、降版(紙面を印刷工程にまわすこと)して。降ろせー」
 開票面のチェックを終えM記者が面担に叫んだ。普段は聞けぬ大声に周りから笑いが漏れた。
 しかし、「問題ない」とはいかなかった。
 全選挙区で「当」が出そろったはずなのに、1面の集計表の数字は残り議席1に逆戻り。どの選挙区の「当」が消えたのか。終面のカラー当選者マップは工程の関係で黄、赤、青の3色版は降版済みだった。このままブラック版を降ろすと色ズレが起きる。
 「鹿児島1区だ」。終面担当者が気付いた。やらないはずの「当」の打ち直しをしたため消えたのだ。3色を再度降版し色ズレのピンチは回避できた。
 トラブルは続く。今度は比例復活当選をめぐって問題が起きた。復活当選者に付くはずの「比」の印が、選挙区の開票面に反映しないのだ。開票終了した選挙区の一部データの取り込み作業を省いたことによる不具合だった。手作業で取り込むことで切り抜けた。この問題解決にあたったのが、前回衆院選の選挙班長たちだった。
 「衆院選報道は全員参加で」
 公示前の会議で編集局長が言った。投開票日当日は編集局から離れていた選挙班OBが参集していた。地方版整理の統括席にも、制作局の工程統括部にも…。
 ピンチはあったが、ミスの紙面化はなく、何とか乗り切った。OBにがっちり守られながら。次は夏の参院選。今度こそ独り立ちせねば、と思う。(副編集長 村山邦彦)
 元稿:産経新聞社 朝刊 主要ニュース ライフ 【暮らし?トレンド】  2013年01月24日  08:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

相关的主题文章:

“ジャック

“ジャック”を楽しんで!SHELLY&大友康平がPR

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』?【最新ニュースから見え隠れする闇】:“ジャック”を楽しんで!SHELLY&大友康平がPR

 今年から米国を代表するウイスキー「ジャック ダニエル」の日本国内販売を手がけているアサヒビールは23日、柧�銀座で「ジャック ダニエル リンチバーグ バレルハウス」のオープニングセレモニーを開いた。
 同店舗は日本初となる「ジャック ダニエル」のオフィシャルバー。主力商品がロックやカクテルなど様々な飲み方で楽しめるほか、ウイスキーに合うこだわりのフードメニューを提供する。24日から3月22日までの期間限定オープン。
 セレモニーには、ゲストとして歌手の大友康平と、タレントのSHELLYも登場。大友は「ロックンロールと言えばジャック ダニエル。昔からベストパートナーだった」と熱く語り、SHELLYも店舗について「たっぷりとジャックを楽しめるお店。仕事帰りに女性一人で飲めるような雰囲気もある」と絶賛していた。
 ※(写真):「ジャック ダニエル リンチバーグ バレルハウス」のオープニングセレモニーに登場したSHELLY(左)と、大友康平
 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 経済?マネー 【経済ニュース】  2013年01月24日  14:47:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 相关的主题文章:

◆災害用伝

◆災害用伝言板サービスを知っていますか?
大規模な災害が発生した場合、携帯電話はつながりにくくなります。

そんな時には、「災害用伝言板サービス」!

自分で状況を登録し、登録された安否情報を携帯電話やスマートフォン、インターネットなどから確認することができるサービスです。
災害時における携帯電話の使い方や注意点など、防災の知識を学びましょう!

90分1回講座?参加費:1,000円(一部義援金として寄付します)
戸塚教室?弥生台教室?テアトルフォンテで開催します。

詳しくはこちら→

ぜひチェックしてみてください。

★お申込みは、お電話、メール、FAXでお寄せください。
  電話:045-860-2670<戸塚教室>
      045-815-1077<弥生台教室?テアトルフォンテ>
  FAX:045-860-4562
  メール:support@pasoroom.jp 相关的主题文章:

不正選挙で

不正選挙でマスゴミもいよいよ終わりだ

(ryuubufanのジオログ -)より


 不正トップ当選野田が引っ込んだら、今度の首相は安倍。

こちらは不正選挙首相である。民主党も自民党も関係なし。

米の傀儡売国奴は各地に派遣されておりました。

派遣社員の走りでしょうな。

派遣という耳慣れないシステムも、この国の成り立ちから当然出て来るものでした。

日本は米の派遣売国奴に支配された国になっていた。


 真のジャーナリスト本澤二郎さんがいい事言ってました。

今日のブロログで???

「1民間企業に選挙の一切を委ねている独占システムに、問題の全てがある。

不正有無の問題以前なのだ。これくらいのことが、なぜわからないのか。」


 選挙というものをこれまで日本国民は全く安易に考えてきた。

考えても来なかったか。不正選挙なんて他所の国の事で、この日本でそんな事は有り得ない。

職員達は粛々と開票集計作業に従事して、時間通りにきちっと発表する。

実に信頼の置ける職員達という神話的イメージがあった。


 検察も神話がありましたね。

ウソの捜査報告書書いて、総理大臣候補を起訴に持ち込んでも、記憶の混同が認められて不起訴。最高裁事務総局は架空議決の小細工。

この国の神話は既に完全に崩壊しておりました。

 原発安全神話が木っ端微塵に吹き飛んでも、原発推進の自民党です。

不正選挙の殿堂だったようですね。

ムサシさんと一緒に実に長い事。


 自民党と一緒にいつも行動する公明党も怪しいですねぇ。

もう言わなくてもいいでしょう。

地方議会が地方選管を作るようですが、地方議会は自公が強いですね。

大体与党のようです。

この怪しい与党関係者がずっと地方選管を牛耳ってきたんでしょう。

そこにムサシ。

選挙の神話は脆くも崩壊していたようですね。


 おめでたい日本国民ですが、ちょっと事実に目を向ければ、

すぐ選挙の怪しさに気づきます。

選挙という事務作業は決して国民に公正を保障はしていなかった。

特定の政治勢力が選管を占拠していた疑いがある。


 ムサシなどは選挙でメシ食ってきた訳だから、

選挙の一から十まで知っているだろう。

知識ゼロの国民と、プロの業者。

業者が政治勢力と繋がっていた。


 不正のあるなしの問題以前の巨大な問題があった。

選挙の公正が全く保障されていなかった。

ムサシ、地方選管の良心に頼る体制だった。

そこは自公に占拠されていた。

日本の選挙の現場は悪の侵入に対して無防備だった。


 この事が分かっただけでも凄い事だ。

日本の選挙はずっと信用ならない状況にあり続けていた。

この事はメディアにとっては大変な報道価値がある。

不正選挙に踏み込む前に、既に超ド級のネタが出現した。


 マスゴミは一切まだこれらの問題に触れていない。

日に日に追い込まれる。

橋下なんぞを追いかけてる場合じゃないぞ。

アルジェ以上の大問題だ。

マスゴミ、いよいよ追い込まれますね。


 小沢事件裁判で悪態の限りを尽くし、選挙でも超偏向報道、

ウソ報道をやり尽くし、そして今度は超ド級問題に無言。

恐らく日本のマスゴミは自民党とムサシと一緒になって

不正選挙の経緯をずっと見てきただろう。

今回だけである訳がない。

お仲間なんだから。


 小沢事件裁判でマスゴミは正体を完全にばらしたが、

今度は不正選挙で大ブーメランで攻め込まれる。

今度はB層の皆さんは騙せませんよ。

味方にはなってくれません。

黙ってるだけしか手が無い。

形勢不利ですね。


 今回の件でマスゴミは完全に負けゲームをやらされている。

不正選挙に触れても触れなくても事態が悪化する。

ムサシに触れない事の異常さが段々明白になってくる。


 ネット界の完全勝ちゲームである。
相关的主题文章:

対策の紹介−「地中処分」と「核種変換」 - gooブログはじめました!

対策の紹介−「地中処分」と「核種変換」

フィンランドでは世界で初めて、2001年に最終処分地がオルキオトに決定された。2004年から建設が開始され、深さ約400mに放射性廃棄物を保管する計画である。スウェーデンは2009年にフォルスマルクを処分候補地に選定した。2011年に建設許可申請が行われた。フランスは1999年に試験対象としてビュール地下研究所の近隣地を選定し、2000年に建設を開始した。現在は処分候補地の選定中で、2025年に操業を予定しているスイスは2011年に候補地3箇所が選定され、調査が開始されている。英国では公募の結果、西カンブリア地域を対象とし、調査が開始された。ドイツではゴアレーベンでの調査活動が一旦停止されたが、現在は再開されている。中国は2003年に地層処分を行う法律が制定され、甘粛省北山などで調査が開始された。今世紀半ばまでに処分場を建設する予定原子力大国である米国では、ネバダ州ユッカマウンテンを最終処分地としたが、計画が中止される方針である。代替方策を模索している。韓国は検討を始めたばかりである。以上のように各国の動向はさまざまであるが、おおむね検討が進んでいる我が国の地層処分研究は、1976年の原子力委員会の決定を受けて開始された。1999年に核燃料サイクル開発機構(現日本原子力研究開発機構)が研究成果をまとめている。2005年に地層処分の実施主体である原子力発電環境整備機構(NUMO)が設立され、処分費用の積立が始まった。課題は候補地の選定である。2002年から候補地の公募を開始した計画では2013年に候補地の調査を開始し、2028年には一つの場所を選定する予定であった。これまでに複数の応募があったが、住民からの反対により取り下げられおり、候補地が見いだせない状況が続いている日本学術会議は原子力委員会から国民に対する説明や情報提供のあり方の検討依頼を受け、2012年9月11日に回答書を提出した。回答書では、原子力発電の大局的政策合意に取り組まず、最終処分地を選定することは順序が逆転していることや、科学?技術知見の不足などが指摘されている。(日本学術会議の回答書)

高レベル放射性廃棄物処分場には、必要な条件がいくつかある。地盤が安定であっても、実際に掘削してひび割れがないか、地下水が湧き出していないかなど綿密な調査を行う必要がある。人工構造物として長年に亘り安全に放射性廃棄物を隔離するために必要である核分裂で生み出された放射性物伽先碎gが作り出した人工物伽扦ⅳ毪瓤边`いされがちであるが、地球ではウランが豊富な場所において、核分裂反応の形跡から過去には天然の原子炉が存在したことが確認されている。(例?20兡昵挨维F象の形跡である「オクロの天然原子炉」の説明。Wikipediaより)

地殻深くには核分裂生成物として様々な放射性物伽嬖冥贰⒌厍颏伟k熱源としても寄与している。地中埋設は正に核反応生成物を地球に戻すプロセスとも 言える放射性廃棄物の特性を適切に理解し、社会全体の課題として適切な候補地を選定することが望まれるそれは核反応により半減期の短い核種に変換させる技術である。我が国では1988年にオメガ計画(rr: Path to take rendering of additional realise hailing beyond Actinides as well as the fission solutions)として立案され、90年代に大規模な研究が行われた。半減期の短い核種に変換されれば管理が短期間ですむ反面、初期の放射線量が高くなるため、研究開発には困難を極めた。また膨大な研究費を要したため、研究規模が縮小された。(「オメガ計画の説明」、原子力用語辞典ATOMICAより)

日本に触発され欧米でも同様な研究開発が開始されたが、現在もなお実用化の目処はたっていない。各国で放射性物伽蝿I理が問題になっている中で、今こそ世界共通の課題として国際協力により英知を結集して、新たな放射性廃棄物の処分方法を研究開発すべきである藤堂 仁エネルギー政策総合研究所フェロー。専門分野は原子力工学。 相关的主题文章:
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ